September 25, 2009

つまり鼻が原因なのか

検査の結果が出ました。

今回はなんかいろいろ調べていただいたみたいで

項目がめちゃめちゃ多い。
 
 
 
関節に痛みがあると言うことで

膠原病の検査もしてありました。

結果 異常なし。

コレステロールも血糖も正常値だし

肝機能もばっちり。

年齢の割に優秀じゃないの。

レントゲンも

喘息特有の症状は見られるけど

特に問題はないみたい。
 
 
 
で 引っかかったのは

白血球とCRP。

これがどちらも高くなってました。

どうやらどこぞで炎症が起こっている模様。

・・・やはり鼻か。
 
 
 
確かにちょっと気になることが。

奥の方で鼻水が溜まっている気がするのに

かんでも出てこない。

それが喉の方にいってるみたいで違和感があるんです。

がんばってはき出すと黄色いのが出てくる。

これはやはり副鼻腔炎かも。
 
 
 
鼻が原因の場合 現在術後経過観察中のワタクシとしては

京大病院に行かねばならないワケで。

めんどくさー。

とは言え 放置するのもなんなんで

来週辺り 行ってこようかなぁ。
 
 

|

August 17, 2009

とうとう

術後 あまり経過がよくなくて

いろいろ薬を飲み続けていた この数ヶ月。

ようやく 鼻の粘膜がいいカンジになってきたみたいです。

次の診察で終わりにしましょう

と ようやく言われました。

やたー(≧▽≦)
 
 
 
とは言え

次の診察予定は11月。

しかも それまで

キプレス錠は飲み続けないといけない。

むぅ。

キプレス錠にはジェネリック薬がないから高いのに。
 
 
 
でもまぁ 終わりが見えてきたので

ちょっと安心しました。
 
 

| | Comments (0)

July 22, 2009

薬漬け

黄緑色の鼻水は出なくなりましたが

経過をみせるために また京大病院へ。

相変わらず混んでいてうんざり。

総合病院なんて しょっちゅう行くもんじゃないよね。
 
 
 
待ち時間をつぶすものを持っていかなかったので

病院にある図書コーナーで おもしろそうな本を探す。

で こんなの発見。

最近 マンガ雑誌をほとんど読まなくなってしまったので

こんなマンガがモーニングに連載されていたなんて

全然知りませんでした。

・・・なんかちょっとくやしい。
 
 
 
早速読み始めてみると

ほんわかした雰囲気のお話しで

なかなかおもしろい。

これはよい時間つぶしの材料を見つけたぞ。

ちょうど2巻を読み終わる頃に ポケベルが鳴る。

一時間くらい待たされたけど

今日はあんまり気にならなかったゎ。
 
 
 
診察の結果。

鼻水は止まっているけど 粘膜はまだ腫れているらしいので

またルリッドが処方されました。

その上 キプレス錠という

もともと喘息に使う薬と 点鼻薬が追加。

また8月に 診てもらうことになりました。

・・・まだ終わらないのか。
 
 
 
ホントに今年の医療費はすごいゎ。
 
 

| | Comments (0)

July 14, 2009

気持ちいぃ

抗菌剤が ルリッドからジェニナックに変わり

一日の量も増えたワケですが。

どのくらい効果があるのかは不明。

正直 あまり期待はしてませんでした。
 
 
 
が!

まだ飲み始めたばかりだというのに

両手いっぱいの

黄緑色の鼻水 というか膿が出てきたんですよ!

すげー。
 
 
 
このままどんどん排膿して

すっきり治ったらいいのにな。
 
 

| | Comments (0)

July 13, 2009

まだ通うのか。

術後の診察のため 仕事を抜け出して京大病院へ。

ニオイもぼちぼち感じるようになってきているので

そろそろ治療もおしまいか?

なんて思っていたんですが。

先週辺りから 少し緑の鼻水がちらほら。

後鼻漏のような喉の違和感も気になり始めております。
 
 
 
2時間近く待たされた後

ようやく診察室に呼ばれ 診てもらうと。

予想以上に鼻の調子は悪く

強めの抗菌剤を処方されてしまいました。

あとは去痰剤と整腸剤。

そいえば去痰剤って DNaseが成分のもあるんだって。

ワタクシのは違うけどね。
 
 
 
結局 また一週間後に診察となりました。

いったいいつになったら終わるのやら。
 
 

| | Comments (0)

June 01, 2009

治るといいなぁ

術後 3回目の診察のため

有給休暇使って 京大病院まで行ってきました。

とはいえ

今は手術をした左より 痛みを伴う右の方を

どうにかして欲しいワケで。

状況をいろいろ訴えてみたけれど

慢性ですから 仕方ないですねぇ

てなカンジでお話しにならない。

よさげな鎮痛剤でもくれないかと 期待してたのになぁ。
 
 
 
ただ

術後の調子がなかなかよいので

右もそのうち手術するコトも検討してもいいかも

という流れになり。

とりあえず それまでの処置として

ルリッドという抗菌剤をいただきました。

しかも一ヶ月分。
 
 
 
そんなに長い間 抗菌剤を飲んでも大丈夫なのか

少し不安になりましたが。

調べてみると

マクロライド長期少量投与療法いう名で

意外とメジャーな治療法だと判明。

ほほー。
 
 
 
最終的には 手術になるかもしれませんが。

薬で治るなら それに越したことはない。

よくなるといいなぁ。
 
 

| | Comments (0)

May 07, 2009

黄緑色の・・・

副鼻腔炎の手術後。

鼻の通りはかなりよくなったんですが

ニオイはあまり復活しておりません。

それに 鼻水がたくさん出るのです。

しかも 黄緑色の。

こわっ。
 
 
 
寝ている間 それが喉の方に落ちるんで

朝 喉がイガイガするし。

鼻水で鼻がつまって 息苦しくなって

夜中 目が覚めることもあるし。

まいっちゃう。
 
 
 
黄緑色の鼻水は 緑膿菌由来だと思うのだけど。

いったい どこで膿んでいるのか。

手術したトコロだったらいやだなぁ。

抗生物質を処方して欲しいところですが

次の京大病院の予約は6月。

それまで我慢するしかないのかしら。
 
 

| | Comments (0)

April 20, 2009

またまたすごいのでた

今日は 退院後2回目の診察。

すごいのがでたあとなので

ちょっと緊張。
 
 
 
今回は内視鏡で しっかりチェック。

ワタクシ的にはすっかりスッキリした気分なんだけど

まだまだ出血しているらしく

血混じりの鼻水がたくさん吸引されていきます。

そのうち 奥の方まで管を突っ込まれて

痛くて涙が出てくるほどに。

先生 一体どこまでやるんですか・・・

そんな心の声に答えるように

これ どうしても取りたいんだよねぇ

と 先生。

どうやら なかなか取れない強者がいるらしぃ。

そして ピンセットとアスピレーターを駆使して

とうとう大きなカサブタを取り出したのです。

わぉ。
 
 
 
先生もそれでスッキリしたらしく

その後 診察は終了。

次は6月まで様子見となりました。

完治まで意外に時間がかかるのねぇ。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2009

すごいのでた(お食事中の方スミマセン)

術後の痛みもほとんどなくなり

鼻血も出なくなってきた今日この頃。

そろそろ鼻をかんでも大丈夫かなぁと思い

そっと試してみました。
 
 
 
最初 普通の鼻水だったんですが。

そのうち スゴイ音と共に

ずるずると得体の知れないモノが出てきたのです。

うひー。

ティッシュの中を恐る恐る見ると

見たこともない量の チョコレート色の物体が。

なんじゃこりゃー!
 
 
 
色は恐ろしいけれど 要は鼻水。

おそらく

少しずつ出血していたのが

ずっと鼻をかんでいなかったので

中に溜まっていたんでしょうな。

それが一気に外へ出たと。

見た目はヒジョーに気持ち悪いけど

鼻はスッキリ(≧▽≦)
 
 
 
あまりのスッキリ感に

もう一回出したいと思ったのは ヒミツです。
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2009

鼻血

手術から一週間以上経って

さすがに痛みなんかは減ってはきたんですが。

鼻をかんだり 痰を出したりすると

まだけっこう血が混じっていたりするんですゎ。

って 汚い話でごめんなさい。



寝ているときに流れ込んでいるのか

朝起きたときに喉がいがいがしたり。

寝る姿勢によっては

左目の奥がずぅんと痛かったり。

術後3日で退院したんで 忘れがちなんですが

内視鏡でも手術は手術なんだなぁと思います。



肝心のニオイの方は イマイチよくわかりません。

というのも いじってない右の方が働いているんで

それに比べると 感じているようないないような。

あんなにつらかったのに なんだかなぁ。



ニオイについてはぱっとしない結果なんで あれですが。

予想外の効果がありました。

なんか 声が少し変わったらしい。

邪魔な鼻茸がなくなったんで 鼻声じゃなくなったのかしら?

自分ではわからないんですけどね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧